Op. 88 芸術とスポーツ

レッスン(ピアノ)

 

 

サライ
サライ

こんにちは!
発達障害のひとつ「ASD / ADHD」とともに生き半世紀。

ピアノの先生をしているサライと

むすこ
むすこ

そのむすこ。
同じくADHDの中学1年生です!

 

シビアな世界

 

サライ
サライ

先日、中学の息子が参加する駅伝の大会を見てきました

 

セバ
セバ

息子くんは一年生ながら見事区間賞!

 

サライ
サライ

チームの優勝に大きく貢献しました

 

ところが大会終了後、浮かない様子の息子

 

むすこ
むすこ

Aくんに負けちゃった(泣)

 

どうやら、一番のライバルとする同い年の子にタイムで負けたそうです。

 

セバ
セバ

全区間、同じ場所を走る駅伝大会。ライバルAくんは別の区で

 

シエル
シエル

その区では、彼より早いタイムを出した別の子が区間賞をとったとのこと

 

むすこ
むすこ

チームは優秀したし区間賞も取れたけど、全然うれしくない

 

なんともスポーツはシビアな世界だと思わされました。

 

Op. 52 新年度の洗礼(1)
成長痛でしばらく運動をひかえていた息子。中学にはいり本格的に運動(陸上)を再開した矢先のできごとです。単にがんばりすぎたのか、それとも、新年度にむけた母のがみがみが、悪いモノ?を引き寄せたのか。感情的になってはいけません、理性をお持ちなさい。

 

 

ルールが明確なスポーツ

 

タイムや距離を競う陸上だけではありません。

 

サライ
サライ

ここ数か月、日本を熱狂の渦にまきこんだラグビーでも、子どもたちの憧れの職業である野球、サッカーにしてもそこには明確なルールがあります

 

セバ
セバ

反則にはペナルティーが科せられる

 

シエル
シエル

大事な場面では、チームの勝敗に大きく影響するよね

 

柔道やレスリングなどポイントを競う格闘技系のスポーツにしても、点数の積み重ねは明確

 

むすこ
むすこ

ゴール(もしくは終了のホイッスル)」と同時に、その勝敗が分かるよね

 

観客が「どっちが勝った?」なんて思う必要はありません。

 

サライ
サライ

明確な勝敗がそこにあります

 

Op. 43 好きこそものの上手なれ
PCゲームにとりつかれた息子。最近、学校で習ってきた言葉(英語)をゲームで使うようになりました。ADHDの「多動・衝動」か、アスペルガーの「積極奇異」か。いずれにしても、「物怖じしない性格」が「生きた英会話」の習得に少しでも役立ってくれることを祈るばかり。

 

 

得点があいまいなスポーツ

 

上記にくらべ、芸術要素が重視されるスポーツになると、すこし状況が変わってきます

 

むすこ
むすこ

フィギアスケート、シンクロナイズドスイミング、新体操とか?

 

セバ
セバ

演技(試合)を終了した時点で、なんとなくの良し悪しは分かるものの

 

シエル
シエル

厳密な得点は審査員の判定待ち

 

サライ
サライ

「この技は何点」「回転が足りなかったのでマイナス何点」など、テクニカルポイントは明確なものの

 

「しなやかさ」「華やかさ」ひいていえば「ルックス、体つき」など、その勝敗は、審査員の好みで大きく変わってきます

 

 

芸術の世界

 

4コマのような、しのぎを削るピアノコンクールとは若干異なりますが、先日、中学校の合唱コンクールを見てきました

 

サライ
サライ

結果から言うと、自分の(ピアノの)生徒が伴奏をつとめた3年生のクラスが最優秀賞をとりました。

人数は少なくボリュームはいまいちだけど、一番きれいにまとめられていた、って感じ

 

セバ
セバ

でも、ピアノの先生として一番気がかりなのはやっぱり「伴奏者賞」

 

サライ
サライ

うれしいことに、伴奏者賞3人のうち、2人はうちの教室の生徒でした。確かに彼女たちの演奏は表現力豊かで、最高学年らしく大人っぽいものでした

 

ただ、そこにもやはり、審査員の好みが大きく働いていたのではないかと

 

サライ
サライ

もちろん、受賞直後は彼女たちと喜びを分かち合いました。でも、内心微妙でした。

私の耳には(賞をとれなかった)ある男子生徒の演奏の方が「技術的にも表現的にも」格段上に聴こえたので

 

先日の息子の駅伝と同じ気分です。結果は良かったのに、どこか腑に落ちない。

 

むすこ
むすこ

 

余談

 

スポーツの世界では、勝敗に明確な基準があります。一方、芸術での勝敗基準は非常にあいまいです。

 

セバ
セバ

画家や文筆家でも、死後、評価があがって、作品が高値で取引される(天才と言われる)芸術家は少なくないよね

 

シエル
シエル

「お笑い」もある意味芸術

M1とか放映終了後は必ずと言っていいほど、その採点について、ネットで物議をかもしだす

 

むすこ
むすこ

その曖昧さに見られる「厳密ではない刹那、はかなさ」こそが芸術、文化における「美」なのかな

 

芸術において、勝敗は水もの

 

サライ
サライ

だったら、時代の風潮(=他人の主観)に流されないよう、自分の個性はきちんんと保っていたいものです

 

Op. 40 発達障害とニッチ
発達障害者が自分のニッチ(住みやすい空間)を見つけることはとても大事です。注意不足でミスが絶えない人も、コミュニケーションが不得手な人も、それぞれニッチはきっと見つかる(作り出せる)はず。まずは「できない」より「できる」ことに目を向けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました