Op. 60 自分のことは自分の手で

発達障害

 

サライ
サライ

こんにちは!
発達障害のひとつ「ASD / ADHD」とともに生き半世紀。

ピアノの先生をしているサライと

むすこ
むすこ

そのむすこ。
同じくADHDの中学1年生です!

 

自分のことは自分の手で

 

サライが男手(父)を借りるのはタイヤ、オイル交換など、車メンテナンスに関してだけ(単に車に興味がない)

 

セバ
セバ

それ以外は雪かきだろうが、電球交換だろうが

 

シエル
シエル

自分の家のことは、基本自分でしてるよね

 

サライ
サライ

子どもはいるけど未婚=ひとりが長い。要は必要に迫られて、ですね

 

だから、PC含む電気系も、家回り、水回りだったりも「人(専門家)」に手を借りるのは最後の手段

 

サライ
サライ

ぎりぎりまで「自分の力」がモットーです

 

むすこ
むすこ

そういえば、病院もあんまり行かないよね

 

サライ
サライ

風邪で声が出なくなった時も市販の外用薬をのどに塗ってなおしました。座右の銘は「荒療治(あらりょうじ)

 

人に助けをもとめない理由

 

だからと言って、すべて自分の力でなんとかする=「自分にはその力がある」と思っているわけではありません。

 

サライ
サライ

基本、ポンコツですから

 

人に「助けを借りない」。その一番の理由は単純に

 

サライ
サライ

人に頼むのが面倒くさいから

 

電話とか、メールとか。
あと、極力

 

サライ
サライ

人と関わりたくないから

 

ASD孤立です。

 

「ピアノの先生」は仕事と割り切っているので、生徒やその保護者との交流はほとんど苦になりません

でも、プライベートは全く別。

 

むすこ
むすこ

芸人さんがoff(オフ)の時は口を閉ざすのと同じだね

 

だから、できるだけ自分のことは自分の手で。

ただ、

 

シャツのボタンが取れたり、むすこのジャージのひざに穴が開いたりした時なんかは、修繕じたいが面倒くさい

 

むすこ
むすこ

ほとんどおばあちゃんの仕事になるね。
(実家は歩いて5分)

 

そして、ネコの手より微力だったむすこも中学生になりました。

 

シエル
シエル

そろそろ力仕事をまかせたいところだね

 

サライ
サライ

まずは、夏は草刈り、冬は雪かきから。よろしくたのむよ!

 

むすこ
むすこ

へい

 

 

 

Op. 40 発達障害とニッチ
発達障害者が自分のニッチ(住みやすい空間)を見つけることはとても大事です。注意不足でミスが絶えない人も、コミュニケーションが不得手な人も、それぞれニッチはきっと見つかる(作り出せる)はず。まずは「できない」より「できる」ことに目を向けましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました