Op. 47 むすこの卒業式(後編)

発達障害
サライ
サライ

こんにちは!
発達障害のひとつ「ASD / ADHD」とともに生き半世紀。

ピアノの先生をしているサライと

むすこ
むすこ

そのむすこ。
同じくADHDの中学1年生です!

 

Op. 46 むすこの卒業式(前編)
卒業式シーズン。むすこの小学校卒業式より一週間早くやってきた、幼稚園での教室での卒園式。園児と言えど教え子の立派なすがたについつい息子のすがたを重ねたサライは、他先生方にはいささか不可解な姿を見せ。さて、本番でこの感情はおさえられるでしょうか。

 

の後編です。

 

当の本人(むすこ)が抱える問題

 

サライ
サライ

まったく予想だにしなかった「幼稚園卒園式にかぶった息子の卒業式(想像)シーン」

 

担任の先生が言った

 

号泣必至です。サプライズがあります。(すでにネタバレ)分厚いハンカチご用意ください

 

の言葉も手伝って今から、戦々恐々としております。

一方、

 

サライ
サライ

「明日(むすこ)泣くかな~」

 

の言葉に、式の主役は、

 

むすこ
むすこ

泣くわけないでしょ!それより

o(T^T)o

 

実はむすこ、卒業式の緊張からかここ数週間、(式練習最中)

 

むすこ
むすこ

トイレが我慢できない💦

 

という(現場では「あるある」だそうな)事態におちいっているらしい。

 

セバ
セバ

「泣く」とか、それどころではなく

 

シエル
シエル

当日、いかに(式のあいだ)トイレを我慢できるか

 

当人にとってはまさに死活問題のようです。

 

 

 

Op.8 やらかす親子
発達障害ならずとも、世のお母さんたちにとって朝の忙しい時間はストレスの宝庫。ADHD親子ではそのイライラ&トラブルが数倍にもふくらみます。それでもって(イライラ)引き寄せの法則が作用して実際「やらかす」のは子ではなく母。どうかしてるぜ。

 

後日談

 

日にちをまたぎ卒業式を終えた今。

 

サライ
サライ

想像とはまったく違った形で、厳粛な式は幕を閉じました

 

始めこそ、ショパンの「別れの曲」にのせ、紅白幕の合間から現れた息子の晴れの姿に感無量、だったりもしたのですが。

その後

 

サライ
サライ

「お別れの言葉」のため、登壇、対面した息子はなぜか、その目が泳ぐ泳ぐ
( ̄□ ̄;)!!

 

トイレを我慢しているのか、涙を我慢しているのか、それとも「多動」発動か

 

セバ
セバ

お母さん譲りの右肩上がりのせいか、ネクタイは曲がってるし

 

シエル
シエル

カーディガンは左肩がずれ落ち(サイズが少し大きかったね)

 

なにより、

 

サライ
サライ

むすこよ、君の両頬はなぜそんなに赤いのだ!

(゜д゜#)

 

むすこ
むすこ

式前、緊張した○○(お友だち)に思い切りこすられたんだよう~💦

 

卒業生全員で歌った「いきものがかり」の「yell」は、声変わり真最中の小6男子にとって「罰ゲームか!」っていうくらいハイトーンで

これまた、笑えてくる

 

 

式のクライマックス、卒業生が「それぞれの両親のもとに一輪の花を渡しに行く」という既にネタバレのサプライズでは、

 

むすこ
むすこ

トイレ、もうがまんできない
o(TヘT)o

 

と半泣きで呟く始末。

 

サライ
サライ

式最中、いろんなことが頭の中うずまきすぎて、号泣を通りこして「呆れ&怒り」の気持ちを抱えたまま小学校を後に

 

6年間にわたる息子の小学校生活は、こうして幕を閉じたのでした。(トイレ問題は無事クリア!)

一方、

 

シエル
シエル

ここ数日、「号泣シュミレーション」をくりかえしたお母さん

 

サライ
サライ

時間を返してくれ

 

そんなことを思うばかりの晴れの良き日なのでした。

 

Op. 50 晴れ男と雨女
ドアを開けると雨が降る。そんな「雨女(冬は雪女)」サライのむすこは、雲ひとつない「晴れ男」。人生のほとんどを雨雲の下で過ごしたサライを不憫におもった神さまが、さずけてくださったのでしょうか。ふたりの時間はだいたい「息子に軍配」があがります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました