Op. 41 サライ、ステージの神様にボコられる

ピアノと発達障害

 

 

悲劇はそれ以前からはじまっていた

 

4コマはサライがコーラスの講師を務める「公民館講座の発表会」での出来事です。

 

サライ
サライ

この発表会は、それ以前にいろんな問題が重なり直前まで「参加する、しない」を繰り返したいわくつき?の発表会

 

詳細はこちら↓

Op. 35 アスペルガーに気づいたとき (前編)
これまでADHDだけだとばかり思っていた私。「人づきあいが苦手」なのも「極度の劣等感」もすべてはその2次障害と。世間一般のアスペルガー診断では当てはまらなかったり、そもそも問題の意味すらつかめない「隠れアスペルガー」、意外と多いかもしれません。

 

サライ
サライ

私自身も、コーラスに所属するおばあちゃんたちも目に見える準備不足でした

 

そのため、かなりの不安を抱えての参戦?となりました。

 

簡単な曲、ゆえの落とし穴

 

とはいえ、

 

セバ
セバ

その日歌うのは、当日「3月3日」のため、「ひなまつり」と

 

シエル
シエル

この1年、1番練習して、なんとなく仕上がってきた感のあるポピュラー曲2曲

 

サライ
サライ

おばあちゃんなりに声は出せていたし、サライもとくに自宅で練習するまでもない単純なコード進行の(はずの)曲ばかり

 

ということで、発表会当日もいつものように…と思いきや、ここにひとつ「落とし穴」

 

「この曲、簡単だから」、という理由で歌詞カードに「コード進行を記載する」というささいな手間すら怠ってしまいました

 

サライ
サライ

要するにこのステージをなめていたのです

 

 

Op. 54 新年度の洗礼(酔いどれサライ編)
新年度がはじまりました。自分がADHDなのは重々承知なので、仕事に関しては2重に3重に確認するようにはしているのですが。ADHDのうっかりは「針の目」をとおすかのように、ドンピシャで事件を引き起こしてくれます。てか、昼から酒飲むな、て話です。

 

ステージの神さまを怒らせる

 

サライが発表会場に到着したのは本番の数分前。服装もそこらへんにあるものをひっかけた程度でした。それなのに、

 

サライ
サライ

どんなにやる気がなくても「先生」なのですから、「先生」らしい態度でと、いつもはしないステージの出入りをここぞとばかり指示してみたり

 

私たちの名前が呼ばれ本番です。

あとは、4コマのとおり、頭を抱えたくなるようなおそまつな演奏。

 

セバ
セバ

本番直前ふいに投げかけた「出入り」の指示のせいで、おばあちゃんたちも大混乱

 

シエル
シエル

「上(カミ)」と「下(シモ)」両方から分かれて退場する姿に観客からは笑い声が起こる始末

 

サライ
サライ

私の奏でた「トリッキー?なコード進行」のせいか、隣の人の声が聞こえなかったという「会場の構造」のせいか

 

演奏終了後、「途中で音が分からなくなっちゃった~」と苦笑いのおばあちゃんたち。

とはいえ、そこは

 

むすこ
むすこ

「今回は参加することに意義がある(うらを返せば『演奏はおいといて』)」という趣旨での参加

 

とりあえずは、「終わってよかった~」と、ステージの余韻もそこそこに会場をあとにしたのでした。

 

Op. 29 一難去ってまた一難
ものがなくなる、遅刻する、「時間ない」って分かってるのに、やりたいことはやってしまう。子どものADHDは親に怒られ、先生に注意され。大人になると、上司、社会そのものに否定され。自由業になると神さまの高笑いが耳鳴りのように聞こえてきます(汗)

 

本当に「参加することのみ」に意義はあったのか?

 

とりあえず、「参加することに意義があった」はずの今回の発表会。

 

サライ
サライ

あれだけ悶着をおこしたにもかかわらず、自分を殺して発表会に参加したのだから「ひとまずよし」としよう

 

など「表面上は」取り繕いながらも、帰りの車中、運転しながら

 

「後悔と恥ずかしさの波」がこみあげる、こみあげる

・゜゜(>_<)゜゜・

 

サライ
サライ

もっときちんと用意するんだった。時間も余裕も山ほどあったはずなのに

 

楽譜も、外見も、なによりステージに対する心構えを

 

サライ
サライ

「曲」は簡単だったかもしれないけど、「ステージの神さま」はそんな私を許さなかった

 

完全にボコられました。

 

 

 

追記

 

サライ
サライ

今、演奏が終わった気分そのままこのブログを書いてます

 

おばあちゃんたちに、会場のお客さんに、ステージの神様に、

 

サライ
サライ

なにより、これまでコツコツと築き上げてきた音楽歴に、拭いきれないドロをぬった、(過去の)私に対して

 

「お許しください」の意味をこめて

 

サライ
サライ

もうしません(反省)

 

Op. 88 芸術とスポーツ
ルールが明確で、試合終了とともにその勝敗が決まる「スポーツの世界」。一方、表現、個性が大きく作用し、勝敗のポイントがあいまいな「芸術の世界」。結果は水もの。他人(審査員)の評価に一喜一憂することなく、「自分の個性」を大事にしていきたいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました