Op. 3 子どもはエスパー?その2

ピアノと発達障害

 

 

サライ
サライ

こんにちは!
発達障害のひとつ「ASD / ADHD」とともに生き半世紀。

ピアノの先生をしているサライと

むすこ
むすこ

そのむすこ。
同じくADHDの中学1年生です!

 

 

脳内ザッピングについて

 

Op.2 子どもはエスパー?
レッスン中の子どもはまさにエスパー。こちらの心の声を敏感に察知して事件?を回避します。「え、私の声聞こえてる?」そう感じるほどに彼らの能力はとぎすまされています。でも、現代の忙しさにかき消されているだけで、大人にもこの能力は備わっているのかもしれません。

の続きです。

 

サライ
サライ

発達障害ADHDであるサライは、「※過集中」のとき以外は、常に頭のなかが
「※ザッピングを繰り返しています

 

※過集中…ADHDの特徴のひとつ。好きなもの、興味のあるものに集中しているとき、外部のいっさいが遮断される状態

 

むすこ
むすこ

ゲームをしている時は、どんなにお母さんに話しかけられても聞こえないね(もちろん、わざとじゃないよ)!

 

※ザッピング…テレビを視聴するときに、CMや番組の途中でリモコンを使って次々にチャンネルを換えること

 

上記4コマ漫画でいうと、2,3コマ目のような状態ですね。

 

サライ
サライ

思考しりとり」みたいな

 

セバ
セバ

テレビのリモコンにたとえると、1ch(息子のこと)→2ch(お弁当)→3ch(メール)→4ch (ゴミ),,,

 

シエル
シエル

12ch(バーベキュー)までいったらループして、今度はBS1ch→BS2chと、、、

 

サライ
サライ

これを、意識が別のなにかにさえぎられるまでえんえんと繰り返します

 

 

 

Op.22 ピアノはあたまが良くなる?
「ピアノを習うとあたまが良くなる」。最近よく聞かれる言葉ですがこれは事実でしょうか?逆に、「頭がいい子はピアノも上手い」は、もはやピアノの先生あるあるです。にわとりが先かたまごが先か。「ピアノ」は教育産業に一石を投じる金字塔になるのでしょうか

 

ザッピングを感じ取るエスパー(子ども)たち

 

サライ
サライ

じゃあ、この「脳の大運動会(ザッピング)」がどうやって「子どもエスパー説」に関係してくるのかというと

 

4コマのように、

 

セバ
セバ

お母さんの(ぐじゃぐじゃの)心の声を、望むと望まないにかかわらずその能力が勝手に感知してしまう

 

シエル
シエル

そして、その「複雑な信号」のせいで、なぜかわけがわからないけど、k急にピアノが弾けなくなるってわけ

 

「お弁当」「メール」など、そこまで具体的に何かが聞こえているわけではもちろんありません。

 

サライ
サライ

ただ、私の脳から出されるカオスのような波動が、子どもたちの思考になんらかの影響を与えている

 

もちろん「子どもエスパー説」を「断言」することなんてできません。それでも、

 

サライ
サライ

偶然では片づけられないくらい、それは頻繁におこるのです

 

エスパーの上手な使いかた

 

サライ
サライ

逆に考えると、レッスン中は意識を集中して、その子が弾いている曲を心の中でなぞってあげる

 

むすこ
むすこ

そうすると、その波動が伝わって予想以上に上手に弾けたりするよね!

 

 

 

 

セバ
セバ

じゃあ、いつもそうすればいいのに

 

サライ
サライ

いえいえ、それが出来ないのが私たち「発達障害ADHD」

 

むすこ
むすこ

ついつい脳が勝手にリモコンボタンを押しはじめちゃうんだよね

 

いや、言い訳はやめましょう。

 

サライ
サライ

こうして、文字に起こしている時点で、やっぱり先生たるもの「ひとりひとりレッスンに集中できるよう」がんばらないと!

 

シエル
シエル

ADHDを言い訳にしちゃだめだよね

 

サライ
サライ

はい・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました