Op.13 はなまるが描けない

ピアノと発達障害

 

 

サライ
サライ

こんにちは!
発達障害のひとつ「ASD / ADHD」とともに生き半世紀。

ピアノの先生をしているサライと

むすこ
むすこ

そのむすこ。
同じくADHDの中学1年生です!

 

 

「円をえがく」運動が苦手

 

「発達性強調運動障害」
「協調的運動がぎこちない」また、「全身運動」「手先の操作」がとても不器用な障害。学習や日常生活に大きな影響を及ぼす。ADHDと併存するケースも多い。

 

サライ
サライ

上記が当てはまってか、それとも単なる不器用なのか。サライは「円をえがく」という運動がとても苦手です。いくつか例をあげてみます。

 

ソフトクリームが作れない

 

学生のころ、ソフトクリームを販売するお店でアルバイトをしていました。

 

サライ
サライ

コーンを持ち、腕(それとも手首)の回転によりくるくると。おなじみの光景ですね

 

一見するとだれでも簡単にできそうな、あの「動き」。しかし、

 

サライ
サライ

利き手の右手でしても左手に代えても、いつまでたっても上手くできませんでした

 

セバ
セバ

右にかたむき、左にはみだし、クリームがうまくコーンにおさまらない

 

シエル
シエル

見た目いびつで美味しくなさそうだし、なによりお客さんのがっかりした表情といったら

 

同僚は器用にくるくるとできるのに。

 

サライ
サライ

なんとも腑に落ちない挫折感を味わったのでした

 

 

クレープが作れない

 

1と同じアルバイト先での話です。「オチ」はもう見えたでしょうか。

 

サライ
サライ

そうです。クレープ(生地)づくりもまた、「円をえがく」お仕事なのです。そして、技術的にはソフトクリームよりさらに難しい!

 

セバ
セバ

丸い鉄板の上、竹とんぼの形をしたヘラで生地を薄くのばすんだよね。
この時、手首の回転が重要

 

シエル
シエル

ゆっくりやってると焦げちゃうし、焦ると生地が均一にのびなくてムラができるし

 

サライ
サライ

やっぱり私だけ、いつまでたってもまともな生地が作れませんでした。何度生地だけ廃棄したことでしょう。o(・_・、)o(店長さんごめんなさい)

 

その時初めて私は、「円をえがく動作」が苦手であることに気がつきました。

 

Op. 63 芸は身をたすく
ASD(自閉症スペクトラム)からくる運動障害があるYちゃん。将来「幼稚園の先生」になりたくて習い始めたピアノですがなかなかうまくいきません。一方、「絵をかくこと」はとても得意なよう。苦手なことはマイペースで、一芸はどんどん伸ばしていきましょう

 

「はなまる」が描けない

 

不幸中のさいわいか、今のところ、この「円運動障害?」によるピアノ演奏の不自由は感じたことはありません。

 

サライ
サライ

ただ、先生として唯一にして致命的な欠点があります。それは

 

くるくるのオンパレード、そう「はなまる」が描けないのです(´・ェ・`)。

 

サライ
サライ

二重丸◎まではなんとか描けます。でも、その周りのくるんくるんがどうしてもうまく描けない

 

セバ
セバ

左上から右回りにスタートして右下あたりまでくると、どうしても腕が拒否っちゃうんだって

 

シエル
シエル

だから、今度は左上から反対周りにくるくる、で右下でゴール

 

むすこ
むすこ

変な形Σ( ゚∀)ゲッ!!

 

それでも子どもたちはやっぱり「はなまる」が欲しいんですよね。

 

サライ
サライ

はなまるは100点、2重丸は70点くらいにとらえてる。どちらも同じ、この曲は「クリア」なのですが。

 

 

文明の利器で

 

現在は、七色鉛筆(いろんな色が一緒に出てくる)など文明の利器でごまかして、少しでもカワイイ花丸になるようにがんばっています。

 

サライ
サライ

それにしても、「円運動障害」って、、、世の中にはいろんな形の「不器用」があるんですね。

 

Op.14 不器用な子
頭で分かっていても、体が思ったように動かない「不器用な子」。練習はしているのに、ちょっぴり気の毒になります。それでも、経験と訓練を積み重ねるとだれでも習得可能なピアノです。「不器用」もひとつの個性と思って、その子なりの成長を見守りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました