Jun Sato

レッスン(ピアノ)

Op. 88 芸術とスポーツ

ルールが明確で、試合終了とともにその勝敗が決まる「スポーツの世界」。一方、表現、個性が大きく作用し、勝敗のポイントがあいまいな「芸術の世界」。結果は水もの。他人(審査員)の評価に一喜一憂することなく、「自分の個性」を大事にしていきたいものです。
日常

Op. 87 ツイッター始めました!

ツイッター・インスタグラム、日ごろ人ごとのように聞くワードでしたが、50を過ぎてついに重い腰をあげることに。でもいざ始めてみたらなかなか面白い。ひとつのキーワードをきっかけにたくさんの人とつながったり想いを共有できるのは意外と悪くないものですね。
ピアノと発達障害

Op. 86 レッスンにおけるASD(アスペルガー)児の特徴  その3

軽い運動障害がみられるYちゃん(ASD)。手踊りの名手であるにもかかわらず、ピアノ演奏となるとまったく脱力できません。一方、感覚過敏のASD児は先生に触れられるのが苦手なようです。彼らのモチベーションを下げないようにレッスンは試行錯誤の連続です。
ピアノと発達障害

Op. 85 レッスンにおけるASD(アスペルガー)児の特徴  その2

ASD(アスペルガー)の子は、視覚優位で譜読みが得意な反面、聴覚のほうはイマイチです。でも実際、それは物理的な問題ではないようです。良い音を「知りたい」「出したい」という、音楽に対する能動的な執着が、彼らの耳をきたえてくれるかもしれません。
ピアノと発達障害

Op. 84 レッスンにおけるASD(アスペルガー)児の特徴  その1

機械のように同じ個所を弾き続ける作業を苦としないASDアスペルガーの子どもたち。その、ある種ストイックな練習法ゆえ、技術面を得意とする生徒も少なくありません。一方、アスペルガーに特有の「表現力の乏しさ」はどのようにカバーしていけばいいでしょうか?
ピアノと発達障害

Op. 83 発表会の選曲はお早目に

ふつうの先生でも神経を使う「発表会の選曲」。発達障害サライはそれ以上に早めの準備が必要ですが、ADHDの特徴「時間を読めない病」がここでも裏目となって現れます。結果、本番までに曲が仕上がらないのは生徒のせいではなく、間違いなく先生の責任ですね。
ピアノと発達障害

Op. 82 ピアノとADHD ~レッスン前の注意点(2)

ADHD(発達障害)児は教材をよく無くします。おそらくピアノ周りがごちゃごちゃして見つからないのでしょう。また、「ピアノがないから」という理由でレッスンのおさらいをしてこない子も。鍵盤は9つあれば大丈夫。ピアニカや紙鍵盤を活用しましょう。
ピアノと発達障害

Op. 81 ピアノとADHD ~レッスン前の注意点(1)

ADHD(発達障害)児はピアノレッスンを受けるにあたっての所々の確認が苦手です。持ち物や爪、練習など、レッスン前の注意点はかぎられています。親御さんとひとつひとつ確認するか、チェックシートを作るなどして万全の態勢でレッスンにのぞみましょう。
ピアノと発達障害

Op. 80 ピアノと ADHD(導入編)その3~「教室選び(2)」

年配の先生は、同じ「子を持つ母親目線」で、若い先生は「自身の成長を促す」学びの場として。ADHD(発達障害)児とのレッスンは先生にとってもステップアップできる貴重な経験。焦らず気負わず一段一段、こどもたちと階段をのぼっていきたいですね。
ピアノと発達障害

Op. 79 ピアノと ADHD(導入編)その3~「教室選び(1)」

教室を選ぶ際、「子どもの発達障害」について先生に相談することはとても大事です。あからさまに難色を示されるようならすぐ次へ。落ち着きがない、忘れ物が多い、そういった「脳の個性」を理解してくれたうえで、適切な指導をしてくださる先生はきっと見つかります。