2018-11

レッスン(ピアノ)

Op. 24 おうちで練習しない子

勉強でもスポーツでも出来る子は人一倍努力しています。ピアノももちろん同じ。ただ生徒にはそれぞれのペースがあります。小さいころ練習嫌いだったのが、成長とともに練習に目覚めることも。先生としては出来るだけ楽しく長くピアノを続けてほしいところです。
レッスン(ピアノ)

Op.23 眠くなるよね

お昼ごはんを食べたあとは、だれしも眠くなるもの。ピアノレッスンで聞こえてくる子どものたどたどしい演奏はまさに極上の「こもりうた」です。どちらからともなく始まった「あくびの連鎖」。先生も生徒もこの「強敵」と戦うためになにができるのでしょうか?
ピアノと発達障害

Op.22 ピアノはあたまが良くなる?

「ピアノを習うとあたまが良くなる」。最近よく聞かれる言葉ですがこれは事実でしょうか?逆に、「頭がいい子はピアノも上手い」は、もはやピアノの先生あるあるです。にわとりが先かたまごが先か。「ピアノ」は教育産業に一石を投じる金字塔になるのでしょうか
レッスン(ピアノ)

Op.18-2 ピアノは一夜漬けでは出来ません(2)

一週間に一回レッスンに来るだけはなかなか上達しないピアノ。おうちでの練習は学校の宿題と同じ、おさらい(レッスンの復習)を繰り返して、どんどんレベルが上がってきます。「九九」だって毎日口にしないといつまでも覚えられませんよね。ピアノも一緒です。
レッスン(ピアノ)

Op.21 比べちゃうよね

子どものころは兄弟、友だち、大人になったら他人と、人はとかく「比べたがる」いきものです。他人との比較が「自己評価」を大きく左右するなか、良きライバルとの競争は人を成長させますが、他人との「ネガティブで無意味な比較」は百害あって一利なしです。
レッスン(ピアノ)

Op.20 指づかいはむずかしい

PCキーボードを打つとき、無意識に一番効率のいい指を使いますよね。ピアノも同じ、メロディー、和音に適した指を自然に使えるのが理想です。でも、子どもにはそれがなかなか難しいようで。音符の上下の数字はかれらの目にはまったくうつっていないようです。