ピアノと発達障害

Op. 83 発表会の選曲はお早目に

ふつうの先生でも神経を使う「発表会の選曲」。発達障害サライはそれ以上に早めの準備が必要ですが、ADHDの特徴「時間を読めない病」がここでも裏目となって現れます。結果、本番までに曲が仕上がらないのは生徒のせいではなく、間違いなく先生の責任ですね。
ピアノと発達障害

Op. 82 ピアノとADHD ~レッスン前の注意点(2)

ADHD(発達障害)児は教材をよく無くします。おそらくピアノ周りがごちゃごちゃして見つからないのでしょう。また、「ピアノがないから」という理由でレッスンのおさらいをしてこない子も。鍵盤は9つあれば大丈夫。ピアニカや紙鍵盤を活用しましょう。
ピアノと発達障害

Op. 81 ピアノとADHD ~レッスン前の注意点(1)

ADHD(発達障害)児はピアノレッスンを受けるにあたっての所々の確認が苦手です。持ち物や爪、練習など、レッスン前の注意点はかぎられています。親御さんとひとつひとつ確認するか、チェックシートを作るなどして万全の態勢でレッスンにのぞみましょう。
ピアノと発達障害

Op. 80 ピアノと ADHD(導入編)その3~「教室選び(2)」

年配の先生は、同じ「子を持つ母親目線」で、若い先生は「自身の成長を促す」学びの場として。ADHD(発達障害)児とのレッスンは先生にとってもステップアップできる貴重な経験。焦らず気負わず一段一段、こどもたちと階段をのぼっていきたいですね。
ピアノと発達障害

Op. 79 ピアノと ADHD(導入編)その3~「教室選び(1)」

教室を選ぶ際、「子どもの発達障害」について先生に相談することはとても大事です。あからさまに難色を示されるようならすぐ次へ。落ち着きがない、忘れ物が多い、そういった「脳の個性」を理解してくれたうえで、適切な指導をしてくださる先生はきっと見つかります。
ピアノと発達障害

Op.78 ピアノとADHD(導入編)その2 ~ 「個人かグループレッスンか?(2)」

ADHD児には、個人レッスンをお勧めします。理由は「個人のペースに合わせてくれる」「多動衝動の症状が抑制される」から。一方、「発達障害児とのレッスン」は先生にとってもレベルアップするいい機会。「理性・発想の転換」を子どもたちが教えてくれます。
ピアノと発達障害

Op.77 ピアノと ADHD(導入編)その2 ~ 「個人かグループレッスンか?(1)」

集団の輪を乱すADHD児にとって、「グループレッスン」は鬼門。1対1でマイペースに続けられる個人レッスンがおすすめです。定型発達児なら「お友だちと楽しく学べるグループレッスン」もありですが、先生にとってADHD児はちょっぴり厄介な存在です。
ピアノと発達障害

Op. 76 ピアノと ADHD(導入編)その1~「ピアノとの相性」

習いごとには相性があります。体を動かすのが大好きなADHD児に、ピアノの前にじっと座るピアノレッスンはストレスになるかもしれません。一方同じADHDでも、ある程度先生の話がきけてイスに座っていられる子は、ピアノに対して相性は悪くないかもしれません。
ピアノと発達障害

Op. 75 ピアノは頭をよくするか?(特別篇)~「絶対音感」は神?その4

絶対音感、相対音感、それぞれの能力にはそれぞれに必要とされる現場(仕事)があります。指揮者、ピアニストなどは絶対音感、歌手やサックスなどの移調楽器は相対音感。みんな違ってみんないい。「絶対音感があったらなあ」なんて悩む必要はありませんね。
ピアノと発達障害

Op. 74 ピアノは頭をよくするか?(特別篇)~「絶対音感」は神?その3

音大生や、音楽を職業とするひとでも「必ずある」とはかぎらない絶対音感。習得するのにある程度の訓練が必要にもかかわらず、使っていないとその能力は衰えていきます。また年齢とともに精度も下降傾向に。維持のためには常日ごろの訓練が必要のようです。